どうやってベンチプレスが強くなったのか

今回は自分がどうやってベンチプレス強くなったのか話していこう思います。ちなみに、初めからベンチが強かったわけではありません!トレーニング始めた時は全然100㎏が挙がらなくて四苦八苦してたほどです。挙がっても90㎏前後…。そんな状態だったのに今は体重81㎏で足上げベンチで170㎏挙がる様になったのか…って話なので、100㎏をどうやって突破したのかって話はないです。割愛します。需要があればします。

あと、初めにいくつか伝えておくことがあります。
①自分は素人です。パワーリフティング専門のジムに通った事ややっている方に指導してもらったことはなく、自己流で強くなりました。
②解剖学や専門的な知識はありません。
⇨ここ1番重要③自分は筋トレを始めて今年で6年になります。紆余曲折あって今のベンチプレスのフォームと重量を扱える様になったので、説明が長ったらしくなったり分かりにくかったりします。

上記3つを読んで【大丈夫、問題ない】って方は最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。

今のベンチプレスのフォームは足上げ、手幅81㎝ラインに小指、パワーベルトやリストラップ無し、でやっております。
動画はTwitterによくアップしています。
http://クマンテンゴリラ@筋肉パン工房 (@Bread_Trainee)さんをチェックしよう https://twitter.com/Bread_Trainee?s=09

かなりナローグリップで、上半身の力だけで挙げるやり方になってます。
なんでそうなったのかというと…ちょっと説明が長くなるんですが、トレーニングを始めた時は今のフォームとは正反対の感じでやってたんですよ。
パワーベルトして手首にリストラップ巻いて、手幅は81㎝ラインに人差し指で、ガチガチに肩甲骨寄せて腰痛めるんじゃないかって位ブリッジ組んで、むしろケツが浮いてる感じでやってました。が、その時で140㎏前後までが限界でした。しかも、ケツ浮きまくりで挙上距離20㎝もないくらいでした。そんなの挙げたことになんねぇよって人によっては思われるかもしれないですなぁ。重量挙げる為に挙上距離を短くしていってたんで。というか、自然とそうなっていった(苦笑い)
その時はもうこれ以上の重量は無理、限界ってなってました。
なぜかというと、手幅が広いから手首部分に角度ついてリストラップ巻いてるのに痛いし滑るし。
腰もめっちゃ反ってるから、痛いし。
ダメダメでした(苦笑い)
あと、単純にかっこ悪いなぁって思っちゃったし…。とにかく、色々と限界が見えてしまったわけですよ。これ以上、挙上距離は短く出来なかったし(腰痛い)手首も重量に耐えられなくなっていましたからね。

そんな時に、たまたまYouTubeでパラリンピックのやり方を発見して…これだ!ってなりましたね。上半身だけで挙げてるあのやり方が格好いい!
そっからですよ、ベンチプレスが強くなっていったのは。
そこから、今のフォームに変更。変更したときは、今まで挙げてた重量から20㎏以上落ちましたけどね。
でも、反らないから腰は痛くないし
手首もナローグリップ寄りだから角度付かないんで痛くない。この角度の説明が難しいんだけど、ワイドグリップだとバーに対して腕が逆ハの字みたいになって手首に負荷が凄く掛かってたのが
ナローグリップ寄りになったことでバーに対して腕がほぼ垂直になるから手首に変に負荷が掛からなくなるんです。
パワーベルトもリストラップも無くても痛みがないってのは凄く大きい意味がありますよ。痛みがあるだけで力入れられなくなりますからね。

挙上に関してパラリンピックのフォームは距離は長くなりますが
腕、肩、胸を一気に使って挙上できる強みがあります。
しかも腕や肩を強化すればそれはそのままベンチプレスにも活かせるわけです。
だから、このフォームに変えてから肩のプレス系を取り入れて更にベンチプレスが強くなりました。フロントプレス?(ミリタリープレス?)とかですね。

痛みがなくなれば、無茶が出来る。
補助的な種目を活かせるフォーム。
挙上距離が伸びるから地力が強化される。

だから自分は強くなれたんじゃないのかな、と。
あと、このフォームで強くなれたら、下半身使ったフォームでもっと強くなれるよ。

もっと細かく説明(肩甲骨の寄せとか)出来る箇所はあると思いますが
その辺は気になる方はTwitterの方でDM下さい。上手く説明できないかもですが。
長くなりましたが、お付き合い頂きありがとうございました。